業務サービスの構築ステップ

2018/4/2 Office365のBusiness Premiumのトライアルに申し込む。

  1. Office365の管理ポータル https://portal.office.com/ へログインして、社名が表示されている部分をクリックすると組織プロファイルで編集で住所を入力する必要があるようだ。
  2. 管理ポータルから課金情報を選択して購入可能なプランからBusiness Premiumを選択して無料使用の開始のボタンから申し込む。
  3. ユーザを選択してアクティブなユーザから、ユーザを選択して製品ライセンスの編集をクリックして割り当てて保存。
  4. ドメインの追加で、独自のドメインを入力して既定に設定する。
  5. ドメインの所有者であることを確認する手続きが必要なので、WHOISのメアドかDNSにOffice365から指定されるMXまたはTXTの値を設定してDNSを検索して確認してもらうことで認証させるのだが、onamae.comの代行だと届いたメールは転送されないらしいのでDNSに値を設定することにする。Office365の各種サービスを受けるために、認証用の値以外にDNSのいくつかの設定が必要なのだが、WordpressのDNS設定サイトにはOffice365の設定ボタンがあって、TXTに指定を求められた値を一つ入れるだけで、他の面倒なCNAMEなどは一括して設定完了してくれる。
  6. SharePoint OnlineやExchange Onlineを含むからか、セットアップが進行中の状態のままなので今日はこれまで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中